理由

リロケーションでサービスを選択する際に物件の種類などで絞り込んで探すことができます。
リロケーションには様々な物件が全国規模で登録されているので、目的の地名などで選択して探すことができます。

リロケーションが有効なのは物件の検索だけではありません。
入居者から見た場合リロケーションはサポートがとても多くなっているものになっています。
例えば家主との交渉やトラブルなど、こういった問題を全て業者に任せることができます。
賃貸管理ではトラブルが多くあります。しかし、これらのトラブルを多くの業者ではノウハウとして蓄積しており、解決方法もシッカリと揃えているのです。

また、リロケーションの契約は家主と入居者のどちらか一方に傾くことはありません。
その為、信頼性が高いサービスになります。

検索

リロケーションによる物件管理は全国的に多く行われています。その為、全国どこにいても、リロケーションのサービスを利用することができます。
リロケーションの賃貸管理サービスはWEBサイトなどで簡単に利用することができます。
その為、一箇所ではなく複数の物件を同時に吟味することもできます。

賃貸物件は不動産などでも提供されていますが、これらのサービスは基本的に仲介としての役割であり、多くの場合はサービスなどを行っていることが少なくなっています。
また、不動産とリロケーションが異なる面として、一番大きなものに賃貸の賃料があります。
賃料は不動産を使用した場合、多くの費用や手数料を取られることになります。
しかし、リロケーションでは家主からの直接的な価格を提示して貰うことができます。
交渉の際、この賃料を安くしてもらうこともできるのです。
リロケーションは家主との交渉なども行うことができるので、融通が比較的効きやすいサービスになっています。

提供サービス

家主がリロケーションの使用を要望した場合、リロケーションとして受けた側は様々なことを行います。これらの行動は全て家主が要望したものを代行してやっている形になります。
まず、賃貸査定があります。
賃貸としてどれくらいの価値があるのかなどを調べて貰うことができます。この賃貸査定はある程度甘くなる場合があります。
その為、リフォームなどを行っておくことで賃貸としての価値を付加することができます。

入居者の募集を行います。入居者を得ることが出来ない場合、賃貸としての契約を結ぶことができません。その為、広告などに掲載することで、情報を流します。
次に募集による条件を設定いします。これも予め家主が提案していたものを可能なものにまとめるものです。

基本的に無茶な要求でなければ大抵の条件はそのまま使用することができます。
その条件が決まれば、入居者との賃貸契約を結ぶことができます。

後はリロケーションによる管理を行って貰うことで、安心して出張へ出ることができます。
賃貸管理はその後もリロケーションの巡回サービスにより行うことができます。
賃貸中のトラブルなどに関連数こともリロケーションでは相談や対処を行っています。

最後に、帰任する際の明け渡しによる作業などのサポートもしっかりと行っています。

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2014年12月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031